メインは競馬予想。野球と不動産についてもそれになりに。


by ka_zu16
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

カテゴリ:不動産( 3 )

たまには・・・

今日は久しぶりに不動産のことについて。

ここ数日は、耐震データ偽造のことが大きく世間を騒がせています。
私も、一時期マンションの販売スタッフをやっていた時期がありますので
非常に興味深くニュース等で確認しております。

特に購入した住民の方々に対しては
本当になんと言ってよいのか分かりません。
私も不動産業界に身を置いており、また自身も不動産の購入経験が
ありますが、大変なことなんですよ。家を買うということは。
月並みな言い方ですが、夢や希望の詰まった自分の城。
大切な家族と暮らす大切なかけがえのない代物なんです。
それがこんなことになるなんて・・・。

今回建築、設計にかかわった連中はそういった購入者の気持ちなんて
全然分かってないですよ。絶対に。
本当に「そこを買う人」「そこで暮らす人」の気持ちが分かっていれば
こんな物(今回の物件)なんて絶対に作れるはずがない。
本当に同じ業界の人間として情けないし、恥ずかしい。
こんな連中がいるから不動産業界のイメージはよくならないんですよ。
本当に勘弁して欲しい。
(まあイメージなんてどうでもいいんだけど)

当事者(建築や設計をした)連中は今も責任の擦り付け合いです。
「俺は悪くない」「やったのはあいつ」「何も知らない」・・・。
このまま時間を稼ぐだけ稼いで、結局は逃げ(倒産)ちゃうんでしょ?
何が「倒れる時は前向きに倒れる」だよ。
倒れても這いつくばってでも購入者の方へ対して賠償しろ。
この当事者連中にも家族はいるとは思うが
極端な話この連中(家族除く)は命を懸けてでも償う必要があると思う。
絶対逃がしてはいけない。
購入した方は逃げることが出来ないんだから。

不動産は他のものに比べて特に高額なモノです。
ほとんどの方がほぼ一生をかけてローンを支払っていくはずですし
現金で買える人にとっても大きな負担です。
それだけのモノであることを十分自覚して、相手の気持ちに立って
考えることが出来ればこんな事件は絶対におきないはずだし
もっともっと不動産業界とそこで働く人間へのイメージはよくなるはずです。
少なくとも今よりは。
はやくそうなって欲しいと心から願っております。
『人に夢を売る』商売なんだから・・・。
[PR]
by ka_zu16 | 2005-11-30 18:06 | 不動産
次週日曜日(16日)は宅地建物取引主任者(所謂宅建)の資格試験の日です。
昨日までの3連休は各資格試験予備校も直前講座を行なうなど
いよいよ最後の追い込みに入っているようです。
受験する予定の皆さん、(特に不動産業を志す方は)必ず合格してください。

さて、私は過去に不動産営業の仕事をしておりましたので
当然この宅建資格は持っております。
「当然」と別に自慢しているわけではなく、この業界にいる以上持っているのが
「当然」という意味で「当然持っている」と書きました。

だってそうでしょ?
数百、数千万、時には数億になるものをお客様に売買していただくんですよ?
それだけ大きなことを取り扱うのに、その資格を持っていない人間が
不動産営業なんて仕事するべきじゃないと思いますよ。

持っていない営業の人の良くある言い訳が
「仕事が忙しいから」「持ってなくても知識はあるから」
ってのが良くあると思います。私も良く聞いたことがあります。
「仕事が忙しい」ってのは完全な甘えですよ。
どれだけ忙しくても勉強する時間は取れるはず。
24時間ずっと仕事している人間なんていないでしょ?
勉強時間は自分で作るもの。小学生じゃないんだから。

「持っていなくても知識は・・・」って言うのもおかしいですよね。
知識があるんなら試験受けなよ。通るでしょ知識あるんなら。
年に一度、日曜日に半日仕事抜けるだけでしょ?
それ(半日抜けること)でメシが食えないんなら営業やめたほうがいいですよ。

免許がなきゃ、不動産売買(賃貸)の時の重要事項説明はどうするの?
上司にやってもらうの?あるいは年配なら部下に?
自分で話をまとめたお客様、最後まで自分で手続きして
何かあった場合は自分が面倒を見る(解決に向かって努力する)ぐらいの
気持ちはないものですかね?無責任ですね。

もちろん、宅建を持っていれば全てOKって訳じゃないですけど。
ただ、この業界で特に営業をする人間は最低限宅建は所持しなきゃ。
じゃないと、お客様に失礼ですよ。

本当にこの業界は無責任な人間が多すぎる。
会社も「資格を持っていなくても数字を残せればOK」ってトコも多いみたい。
「風が吹けば桶屋が儲かる」じゃないけどこういった、徹底的な成果主義が
回りまわって不動産会社のイメージを悪くするのに
一役も二役も買っている気がします。

どうか、不動産営業を行なっている皆さん、
少なくとも宅建試験に合格し免許を取得して営業を行なってください。
自分の仕事にプライドと責任を持っていれば、免許無しに素人(がほとんど)
であるお客様相手に物件の売買なんて出来ないんじゃないかと思います。

そうすることが不動産業界のイメージが良くなる第一歩じゃないかと思います。
(もちろんそれだけじゃなくもっと大事な事もありますけど)
[PR]
by ka_zu16 | 2005-10-11 15:53 | 不動産

不動産業界

私は一応現在も不動産業界で働いております。
ただ、一般的に言われるような不動産屋さんではなく、企業の資産処分と
資産管理をメインとした会社に勤務しております。

とはいっても元々は、不動産仲介をメインとする会社で勤務しておりました。
ええ、世間一般で非常にイメージの悪い不動産営業をしておりました。

自分で言うのもなんですが私は人との出会いというものを大切にしたい。
例えば、「このお客さんのために」って考えで仕事をしたかったし、
出来るだけそうしてきたつもりです。

でもね、そうは会社がさせてくれない。
「顧客第一主義」「お客様の満足のために」とか体のいいこと言いますが
本当にお客さんのことばっか考えてたら数字なんてそんなにあがらない。
買って(借りて)、売って(貸して)もらってナンボの仕事なんで
そのためには少々手段を選ばないことだってよくありました。
悩んでるお客さんへ最後の一押しをするためのおだて言葉(少々のウソも含む)や
法令に違反しない程度での少々強引なセールストークとか・・・。
「法令に違反しなければ全部OK」みたいな風潮がありますので・・・。

あとね、業者がお客さんのことを本当に考えていないことが良く分かる例として
「○○さんに××を買っていただく」って感じで考えるのが本当なんだけど
「○○には××ではなく、△△を買わせます」とか言ってるんですよ。社内では。
お客さんの希望なんて気にせずに、自分達の売りたい物件を売ろうとする。
勘違いも甚だしい!!ありえないでしょ。何が「顧客第一主義」なんだか・・・。

また、どの営業会社でもあるんだろうけど、社内営業(上司の機嫌取り)が
出来なければ良い情報なんて回ってきません。
私はこれが苦手だった。(営業向きじゃないんでしょうね)
情報が入る→上司が確認→上司の判断で各担当者に情報を与える。
で、この上司の判断ってのがミソなんだよな。
自分の誘いに乗って、一緒に飲みになんかいって、馬鹿みたいな話して
自分の意見に逆らわない奴。
こういう人間を懇意にして数字があがるようにする。
で、気に入らない奴には情報なんて回さない・・・。
少なくとも私の上司はほとんどがそうだった。数社経験したけど。

うーん、今思い出しただけでも胃が痛くなりそう・・・。
まっ、今はこのようなことから解放され身も心も随分楽になりました。

誰に伝えるわけでもないけど、不動産については
自分の歩んできた道の一部なんでこれからちょくちょく書いて
自分の一部として残していければ・・・と思っております。
(今も一応不動産業界なんだけどね)
[PR]
by ka_zu16 | 2005-10-06 11:24 | 不動産